読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CrossBridge Lab

技術ネタ、デバイスネタを...

Mac OS X El Capitan(10.11)、Sierra(10.12)に CocoaPods をインストールする

※2016/11/6 Sierra(10.12)について追記

はじめに

 開発に使ってるマシンを Yosemite (10.10) から El Capitan (10.11) にアップデートしたあとに pod コマンドを使おうと思うと・・・

pod: command not found

とエラーが出ました。CocoaPods さんはどこへ行ってしまったんでしょう?

System Integrity Protecton (SIP)

 El Capitan には、System Integrity Protecton (SIP) というセキュリティ機能があります。この機能のおかげで /usr/bin にあった CocoaPods が使うことができなくなってしましました。

解決方法

 /usr/bin ではなく /usr/local/bin にインストールすることで解決します。El Capitan にアップデートする前に CocoaPods を使っていた場合は、まず CocoaPods をアンインストールします。

sudo gem uninstall cocoapods

次に /usr/local/bin を指定して CocoaPods をインストールします。

sudo gem install -n /usr/local/bin cocoapods

そして実行してみましょう。おかえり CocoaPods さん。

f:id:crossbridge-lab:20151123211022p:plain

Sierra(10.12)についても同様の対応でインストールできます

まとめ

 Mac OS X El Capitan でも /usr/local/bin 以下にインストールすることで CocoaPods を使うことができます。セキュリティ機能である SIP 自体を無効にする記事もネット上では見かけますが自己責任で・・・